展示会プレゼンMC

お笑い芸人の活動で培って来た技術を最大限活かし、リピート多数!

しかしながらそれは…木曽さんちゅうの“お笑い芸人”としてのキャラクターを基本使いません。

まかせんしゃい井上氏に師事し、展示会プレゼンMCの技術を徹底的に学びました。

その教えを礎として、あくまでプレゼンMCの力量のみで勝負します!

木曽さんちゅう展示会プレゼンの魅力はこの3つ!

その1 とにかく伝わるプレゼン力!

まずは徹底的にクライアント様の商材を学習します

その理由は簡単、伝える側が深く理解していないと観てる側にも伝わらないからです。

商材のセールスポイント、競合と比較しての優位性などをご教示頂き、そこからプレゼンの展開をご相談させて頂きます。

このやり取りを無しにして、ただ台本を読み上げるだけでは、内容をしっかり伝えることは出来ないと考えております。

御覧頂いた方から、よくこんな風にお声を掛けて頂きます。

「社員さんにしては説明が上手過ぎるな、と思って観てました」

そして私の素性を知ると一様に驚き、

「物凄い勉強されてますね!」

そしてリピートして頂くことで、より商材への理解度が深まるという、好循環を生む訳です。

お笑い芸人、私はツッコミ担当で番組やイベントなどで趣旨説明をする機会が沢山あります。

お笑い芸人で培った技術を礎として、深い理解度を以て商材を最大限アピール出来るのです!

その2・人が人を呼ぶ集客力

展示会のイベントにおいて、大きな評価対象となるのが“集客”。

いくらプレゼンが上手くても、ご来場者様が観てくれてなければ何の意味もありません。

展示会におけるイベント時の集客は…展示会のコンセプトとの親和性、レイアウト、会場内のご来場者様の流れ、時間帯など、様々な要因が絡んで来ます。

この刻一刻と変化する展示会の流れに即応し、常にその時のベストパフォーマンスを実現すべくあらゆるアプローチが出来るのも、木曽さんちゅうの強みです。

お笑い芸人で言うところの“客いじり”、お任せください。

ただ与えられた台本を美しく読み上げるだけでは決して成し得ることが出来ない柔軟性が、猫の目の如く状況が変わる展示会において非常に大切なファクターとなって来るのです。

その3・“BtoB”と“BtoC”のギアチェンジが出来る!

こちらの写真は…『ビューティーワールドジャパン2019』におけるのステージの模様。

こちらビューティー関連の展示会ということで、IT、建築、医療、財務などの展示会と比べて、非常にライトな雰囲気の展示会でした。

その際、プレゼン力と共に求められるのが…ご来場者様とのコミュニケーション能力。

万全の準備とプレゼン力で臨んでも、ご来場者様との距離感を詰めることが出来なかったら何の意味もありません。

木曽さんちゅう、この辺りのアプローチに自信があります!

イベントで大きな集客を作る技術とは別の、ご来場者様とのコミュニケーションの流れでブースの中へと誘引する技術、展示会のMCに於いて非常に大切な技術だと思います。

《主な実績》

2019 年

『リテールテック2019』北都システム様

『総務・人事・経理ワールド2019』マネーフォワード様

『会計財務EXPO』マネーフォワード様

『IT WEEK2019(春)』JUST SYSTEMS様

『ビューティーワールドジャパン2019』レナード様

『LIXILわくわくリフォームフェスタ』(山梨・静岡・大阪・宮崎・鹿児島・沖縄)

『産業リフォームフェア2019』LIXIL様

『医療と介護の総合展』SmartHR様

『建築・再生展2019』ダイフレックス様

『デジタルイノベーション九州2019』SmartHR様


2018年

『IT WEEK2018(秋)』SmartHR様

『建築・再生展2018』ダイフレックス様

『建築・建材展2018』住友理工様

『LIXILリフォームフェア2018』

2017年

『エコプロダクツ2017』佐川急便グループ様

『LIXILリフォームフェア2017』