木曽さんちゅうの芸事あれこれ~その6・あの人はこんな人…チェリー吉武は孤高のギネス芸人~

私がここまで色んな方とお仕事させて頂いた中で…とても印象に残った方々の、素敵なエピソードをご紹介する企画【あの人はこんな人】。

前回時東ぁみさんのことを紹介しつつ、鼻息荒くシリーズをスタートさせた訳なんですが…すいません、随分ご無沙汰してしまいました。。。

そんなぁみさんと昨晩より始めましたインスタのIGTV番組『ぁみ木曽のメガネ祭り』。

ゲストに迎えたのは…

“ギネス芸人”チェリー吉武!

吉武くんとは…出会ってからかれこれ15年位は経っていると思う。

これはキャリアを重ねて来た芸人であれば殆ど漏れなく同質の紆余曲折をして来ていると思うのですが…吉武くんも同じく。

彼と出会った時は…私はWコロンで、吉武くんは現在所属するワハハ本舗の見習いのような感じでお手伝いをやっていた頃。

その後吉武くんはラジークイーンというトリオで活動し始めるんですが、敢え無く空中分解。

その頃舞い込んだギネス記録にチャレンジする企画がキッカケで、現在の芸風を築くまでに至った……と書けば、非常に簡単に済んでしまうんですが、とても大変な道のりだったことは想像に難くない。

何事もオリジネーターになるのはとても大変なことである。

何よりお手本が居ない。

進むその道のりが正しいかどうか、自分で判断していかなければならない。

そして…孤独である。

時に唯一無二であることを嘲笑する者も居るだろうし、何より“周りと同じことをする”ある種の安心感と無縁の世界。

もっともこの安心感は…芸能を志す者にとって、ただの蟻地獄でしかないのですが。

ただ…そんな吉武くんにはお手本となる善き先輩が居るのだ!

それが…


猫ひろしである!

言わずもがな、唯一無二のカンボジア国籍マラソン芸人である!

吉武くん同じ事務所の先輩である猫ちゃんから、随分色んなことを学んだそうである、、、孤高の芸人としての先人ですからね、精神的な部分は大いに学ぶところがあったんじゃないでしょうか。

猫ちゃんのことも改めてたっぷり書きたいと思っています♪

とにかく。

チェリー吉武という芸人はとても実直なんです。

だからこそ、誰もチャレンジしていない“ギネス”という領域にも真面目にブレずに取り組めているんだと思います。

その実直さは…お笑い芸人にとって、実はとても大切な要素だと思っております。

現に先日のぁみさんと私のトークの企画でも、たっぷりギネスの用意をして来てくれました

惜しみなくギネスに関するコーナーもネタを披露してくれました!

嬉しいですよね、また一緒に仕事したいと思いますよね?

そしてそんな人柄だから…たんぽぽの白鳥さんとの出逢いも生まれたんでしょうね♪

実直だから…アホみたいなギネス記録にも真剣に取り組めるんです。

そしてアホみたいなことに真剣に取り組めることが、何よりお笑いの醍醐味なんです。

新型コロナウイルスの影響で…随分仕事がキャンセルになってしまったようです。

何をやっているか??

家で様々なギネス記録の練習に励んでいるんだそうです(^^)

想像してみて下さい、、、あのゴリラみたいな男が1人、必死に尻でくるみを割る練習をしていたとしたら?

笑っちゃいますよね、そう、それこそがチェリー吉武の魅力なんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です